椛の一文字で紅葉モミジと読むことを知ったのは

10年ほど前のことでした。

日本は四季のある風土でそこから様々な意匠が生まれます。

自然と身近な処からこのデザインが湧いて来ました。

11月は私の誕生月でもあり

琥珀色のインペリアトパーズは秋のモチーフに溶け合います。

箱根ルネラリック美術館で展示されました。

宝石は自己満足の世界です。

イミテーションを着けていてもそうそうお人にはわかりません。

ただ、ご自分でとても心が豊かになったり、

パートナーと絆を確かめ合ったり、

ご先祖様から守られたり、また勇気となったりで

古今東西どなたも身に纏ってきました。

この指輪は着けた方だけが解るカードの存在。

ヒントはアンスリウムをスペードに見立て

四つ葉のクローバーがモチーフです。