周防の父は多くの弟子を育てた親方で、

80半ばにして今なお私達に指導し特許申請も果たす

有難い存在です。

その父の元生まれたデザインは、

やはり私好みの組み合わせで、

漆の効果は夜に飛び交う桜蝶の舞となりました。

お揃いで満月に三日月、真珠、雪輪、蝶、と

繋がるステーショナリーのロングネックレスも

ご提案しております。

満月の裏には家紋を彫ることも承ります。

こちら春興鏡獅子は歌舞伎でもお馴染みの演目、

毛振りの勢いをイメージし

宝飾でもヘアーラインと呼ばれる仕上げを施しました。

牡丹香る中で蝴蝶と戯れるデザインは、

道成寺、櫓のお七といった日舞演目シリーズと共に

クールジャパンに選出されました。

幼少期に蝴蝶役、平成13年に念願の獅子役で

国立劇場で踊った時にデザインし具象化した作品です。